年中さん・年長さんの「つい動画…」の時間 もっとうまく使えたり…する?

編集部に寄せられる、 動画にまつわる3大あるある困りごと 〈こどもちゃれんじ〉編集長が答えます!

忙しいとき、つい動画を見せてしまう…
興味があるものしか見なくて偏る…
見せたくない動画もあるけどいちいち選んであげられない…

登場人物

\ 動画ばかり見せてしまうとお悩み中… /

ゆうな

電車とアニメが大好きな
はるとくん(年中さん)のママ。

あゆみ

テレビやWeb動画が大好きな
ゆいちゃん(年少さん)のママ。

\ 〈こどもちゃれんじ〉編集長 /

しもむら

教材製作歴14年。
現在、中3と小4のママ。

あるある01 忙しいとき、つい動画を見せてしまう…

手が離せないときとか、
つい動画を見せちゃうよね…

わかる!
ひとりでも楽しめるものって
思うと動画が強いよね。

見せすぎは気になるけど…

うん…でも、集中してるからかいつの間にか電車の種類とか覚えてて、びっくりした!

編集部からの一言アドバイス

動画は動きや音があるので、イメージがしやすいのがいいところ。題材によっては理解が進みやすいので、上手に取り入れられるとよいですね。

あるある02 興味があるものしか見なくて偏る…

はるともいつも
電車の動画ばっかり…。

うちも同じのばかり見てる…。
もっといろんなものを見てほしいって思っちゃうよね。

好きなことに没頭するのはいいと思うけど、他のことにも目を向けてくれたらうれしいよね。

編集部からの一言アドバイス

興味があることに没頭できるのはよいことですが、お子さまの世界を広げるためにも、いろいろなテーマの映像にふれさせてあげるとよいですね。

あるある03 見せたくない動画もあるけどいちいち選んであげられない…

気づくと、よくわからない動画を見てたりするんだよね…。

あー、わかる!これ「何の役に立つのかな…」って思うものあるよね。

せっかくなら、知育的なものとか役に立つ動画を見てほしいんだけど…。

編集部からの一言アドバイス

実はお子さまには画面の切り替えが早いものなどは、刺激が強すぎて脳が処理できないため、大人には単調に見えるくらいのイラストや背景がシンプルな画面がちょうどいいんです。無料で見られる動画は玉石混交…。せっかくなら良質なコンテンツだけにふれられるのが理想ですよね。

\ 監修いただいた先生 /
内田伸子先生

IPU・環太平洋大学教授・お茶の水女子大学名誉教授。学術博士。
専門は発達心理学、認知心理学。
子どもの絵本や映像の監修などで活躍する。

「つい動画・・・の時間」が
「楽しい学びの時間」に変わる体験を
年齢に合わせてご用意しています!

1・2歳向け 解決法はこちら
解決01

1・2歳に合った、知育・生活習慣・歌・リトミック・英語など、豊かなテーマにふれ、興味を広げていきます。

解決02

映像と連動した知育玩具で、【映像で見て→実際にやってみる】体験を通して、感覚的に吸収していけます。

2・3歳向け 解決法はこちら
解決01

生活習慣、思いやり、知育、英語など、2・3歳の今にぴったりのテーマにバランスよくふれられます。

解決02

音声タッチペン「おしゃべりしまじろう」をはじめ、手を動かして試行錯誤しながら考える力を育める知育玩具をお届けします。

  • 入会時期によってお届けする教材は異なります。
3・4歳向け 解決法はこちら
解決01

学びのナビゲーター「はっけんちゃん」としまじろうと一緒に、身の回りの「はっけん」を見つけていく内容で、お子さまの興味をぐんと広げられます。

解決02

映像と連動したエデュトイを毎月お届け。見て学んだ内容を実際に手を動かして確かめることで、さらに学びが深まります。

4・5歳向け & 5・6歳向け 解決法はこちら
解決01

年中・年長さん専用タブレット教材で、おうちのかたがつきっきりで声をかけなくても、学習の最初から最後まで学びをサポートします。

解決02

知育テーマを中心にバランスよくレッスンをおすすめするので、年中・年長さんが今学びたい内容に迷わず取り組めます。

  • 〈じゃんぷタッチ〉4月号~3月号合計で12テーマ。〈すてっぷタッチ〉は4月号~3月号合計で11テーマ。
  • ご受講いただく月号によって学べるテーマは異なります。

×

入会の
お申し込み