1. トップ
  2. 「ちょっと待ってね」では伝わらない⁉ひとりで集中できる遊びの選び方

「ちょっと待ってね」では伝わらない⁉

ひとりで
集中できる
遊びの選び方

育児、家事、仕事に…と
忙しい毎日の中でつい言ってしまう
「ちょっと待ってね」。
実はお子さまに
うまく伝わっていないかも…?!

お子さまがひとりで集中できる遊びって?

「ちょっと待って」の
伝え方のポイントとは?

POINT 1 「ちょっと」ではなく
具体的な時間を伝える

おうちのかたの思う「ちょっと」と、お子さまの思う「ちょっと」が違っているかもしれません。

「ちょっと」と言わずに具体的な時間を伝えてみると、お子さまも納得しやすくなります。

POINT 2 あとで時間ができたら
しっかり話を聞く

お子さまなりに「ちょっと待った」のに、おうちのかたが来てくれない経験があると、「待って」の言葉の効果が薄れてしまいます。

あとから時間ができたときでよいので「さっきの聞かせて」と声をかけてあげましょう。待てばちゃんと聞いてもらえる、と思えることで次からは待てるようになります。

さらに!

「ちょっと待って」をグンと減らすコツがあります!それは…

お子さまが
「ひとりでも集中できる遊び」

用意してあげること

…でも、「ひとりで集中」するのはなかなか難しいのが現実。幼児期は「自分でやりたい!」と思う気持ちと「失敗したくない…」の気持ちが葛藤する時期です。 その結果おうちのかたに「やって!」とつい言ってしまうのです。

ひとりでも
できる遊びの
ポイントって?

POINT1 “ちょっとがんばればできる”
難易度のものを与えて
あげること

やさしすぎず難しすぎないレベルの遊びで、お子さまの「自分でやりたい!」という挑戦心をくすぐります。

POINT2 最後まで自分でできた
達成感があること

最初から最後までひとりでできた体験はお子さまの自信に!「次もひとりでやってみよう!」という気持ちにつながります。

お子さまがひとりで集中できる遊びって?

\「ちょっと待って」を減らして親子でニコニコに/

〈こどもちゃれんじ〉なら

「ひとりでも集中できる遊び」
がいっぱい!

年少さん向け
〈こどもちゃれんじ ほっぷ〉なら

ひらがな・かずの
学習を進められます

POINT1 しまじろうと一緒だからやってみたくなる!

しまじろうが名前をよんでくれたり、やり取りをしてくれるから、伝えることが楽しくなり「もっとやりたい!」という意欲が育めます。

しかも!

遊び方は動画で簡単理解!

おうちのかたが説明を読んで
遊び方を教える必要はありません。

POINT2 音声でやさしく
ヒントをくれる!

だから最後までおうちのかたを頼らず自分で考えて取り組めます。

さらに!
〈こどもちゃれんじ ほっぷ〉なら

スモールステップで
徐々に
えんぴつに
慣れていけます

POINT1 ひらがなを「いきなり」
書かない

まずはえんぴつを正しい持ち方で持ったり、筆圧を高めたりと「書く」という行為の経験を積んで、ひらがなに向けた下準備を。少しずつステップアップするから、おうちのかたがつきっきりで教えなくても身につきます。

POINT2 見る・聞く・まねるで
丁寧にサポート

おうちのかたが教えにくいポイントは、お子さま目線の動画でわかりやすく解説。まねして一緒に書いてみたい!気持ちを盛り上げます。

年中・年長さん向け
〈こどもちゃれんじタッチ〉なら

専用タブレットで
楽しく学べます!

例えば「ひらがなの書き」なら…

POINT1 ストーリー仕立てだから、
自分からやる気に!

しまじろうや困っている人の「お手伝い」をするストーリーでお子さまの興味を引き出します。「やってみたい」と思えるきっかけがあるから、ひらがな学習のスタートがスムーズに。

POINT2 音声ナビゲートで上手に書く
コツ
がわかるから
ひとりでも書ける!

まだ文字を読むのに時間がかかるお子さまでもスムーズに取り組めるよう、音声読み上げ機能を搭載。手を止めずに、次は何をすればよいかがわかります。

POINT3 ほめてもらえるうれしさで
次も書きたくなる!

一問ごとにはなまるをもらえるので、「書けた」達成感で次に進めます。自動まるつけ機能があるからおうちのかたがつきっきりでなくても、お子さまひとりで進められます。

年中さん(4・5歳)向け
\〈すてっぷタッチ〉について/

年長さん(5・6歳)向け
\〈じゃんぷタッチ〉について/

今入会すると届く
教材について

入会金0円・送料別途不要

入会のお申し込み
  1. トップ
  2. 「ちょっと待ってね」では伝わらない⁉ひとりで集中できる遊びの選び方

×

入会の
お申し込み